<< 料理教室森田 玄米の炊き方 | main | 第二回菜食促進委員会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
第二回 菜食促進委員会 








菜食促進委員会 恒例の記念撮影に、リラ子が乱入して面白いので
沢山更新しておきます。

菜食促進委員会とは何か?第一回菜食促進委員会の様子

菜食を促進していこうと、各自が学びまた、アプローチしていく委員会。
委員のみなさんは料理教室森田の生徒さん。と、
ワンドロップさん。(ご近所さん笑)
今回は委員の中から、『有機野菜の有機ってなんじゃらほい?』という問いかけに、
一度みんなで勉強会を設けたらどうか、八百屋であるワンドロップさんに
八百屋の目から見た、野菜の実状を教えてもらうのはどうか。と
いうことになり、上門前の家で18名で、学びを共有しました。
そして、各自ベジ料理持参、レシピ持参で参加します。

今回のワンドロップさんからの野菜についての勉強会のお話内容は、
今ここに私が書き込むのはどうかと思い、また、私自身も
見直していきたい気持を今、少し大切にゆっくり整理していきたいので、
内容については控えます。

私自身が今回感じた事を書いておきます。
まず、コミュニティーの重要性を更に見直す会になりました。
また、実践と経験のみが心を動かすのだと確信しました。
それと、『カタ』が如何に大切か。この『カタ』を探すのは
相当大変だということも感じます。しかし、
答えはおそらく新しいところからでなく、
先人に学べ。ここだろう。と思いました。
また、自分自身、内観へを意識を向ける日々の実践が
そこへと導かれるのだということも、

ちょっと、もしもし??森田さん。なに言っての???
と画面の向こうから突っ込みがきそうですが、
放っといてください。(笑)

『感じる』ことを言語に、行動に落とし込んで我々は生きていると思っています。
なので、感じる事がまず、とても大事なんだ思うのです。

今回の勉強会でもみんなが何かを感じているのが
手に取るように分かりました。私自身も心の底から何かが湧き立つ感覚を
味わいました。ここで、わ〜っとならないように、軸足をしっかり見つめ、
冷静さを保ち、ひと呼吸してから、自分が発する言葉、
行動を見つめていきたいと思いました。

ちょっと、森田さん、また、わかわかめなこと言い出してます。
菜食促進と関係あんの??それ、ヨガみたいなこと、言ってないでさ〜 と

いやはや、ヨガに繋がっていく、というか、やっぱり全ては繋がっている。
だから自分自身がどう繋がって行くかが如何に大事か
今日は暑い上門前の家で、緩やかに光波にリズムを合わせるのに精一杯な
素晴らしい一日でした。


おいおい。なんにも報告してないじゃん?!う〜ん…。

なんだか、『こうだからこうです』とか『ああだからこうです』とか
興味がどんどん無くなっているので、結果報告とか
私には意味が無くなっている….。結果って、そんなにも重要じゃない。

まずは実践。これしかない。

繋がる全てのものに感謝します。
ワンドロップさん ありがとう。
安田委員長 ありがとう。
委員のみなさん ありがとう。
私たちに学びの場所を与え、一緒に喜んでくれる上門前の家に
感謝の気持を捧げます。

合掌

森田久美
| - | 10:36 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 10:36 | - | - |