<< 森田建築設計事務所 上門前の家改修 レポート2 | main | 料理教室森田 『よくきく薬』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
森田建築設計事務所 上門前の家改修 レポート3


今日はスタッフYちゃんと助っ人Aちゃんも参加で
上門前の家の改修工事。
Yちゃん Aちゃんは手透きのネパールの紙を壁に張る作業。
この作業は今年に入ってずっと行っているので、
なかなか腕が上達している。
どうみてもあまりいいとは言えない合板の天井や、
壁にのりで張っていく。 
優しい風合いと光の映りがきれいなネパール紙。
出来上がったときの美しさはなんとも言いがたい気持ちの
こもった部屋が出来上がる。



大工さんは二階の書棚を制作。
出窓のように少し出しての書棚なので、高い足場が必要。
そして梁の掃除なども足場がないと、とてもとどく高さではない。
ビデ足場が組まれた土間。なんだかただ事ではない様子....。
俄然やる気が湧いてくる現場。



さてさて、今日の作業が終われば皆でお茶を。
えびす屋さんの幸せあんぱんとほうじ茶。
疲れた身体に丁度いい。
こうして多くの方に手伝ってもらい、だんだん出来ていく
上門前の家。

夜、森ちゃんと2人で現場に立ち、
『借家をここまで手を入れて、私たちは一体どこまでやるんだろうね...。
世間の人から見ると、かなりアホやな〜』と。
築70年から80年のこの家、そして今後のこの家の歴史の中で
恩着せがましいが、私たちが出た後も、
『残したい 大切にしたい』という家になるように、
最善を尽くしたい。

そう、
自分のものにならない方が私たちの生き方に合っている。
そして、上門前の家に出逢った日の事を忘れないように...。
| 上門前改修レポート | 15:05 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 15:05 | - | - |