スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
虫はまぶたのうえを何故刺したのか?
前にのこの日記に書いた事がある。『予期せぬ出来事』私の日常。
私の行動範囲はかなり狭い、殆ど家にいる。
のに、起こる。ピンポイントで何かが起こる…。

昨日は久々畑の日。畑では土を耕すと一杯虫が飛んで来る。
その虫はとても小さく、『点』 。でも刺してくる。
この数回で沢山刺され大変辛い思いをしたので、
これは虫対策をせなば、危ない。で、私は完全防備のいでたちで、
さらに顔にはネットまでかぶり、気合いを入れて畑仕事。

虫が舞い舞い飛んでいます。でもネットを冠っているから平気!
すごいぞネット。と快調な私。
しかしそのネットには難点があった…『暑い』とにかく蒸れる…。

作業が終わり、一段落、あまりに暑いので、ネットを外した瞬間…。
何かが目の縁に見えた。
ぶち。
左まぶたに激痛が走ったとおもいきや、『くみさん目の上どうしたの?痛そう』と
みんなの声。
ネットで蒸れて、体温が上がり、虫が寄ってきていた状態で
ネットを外したので、その隙です…まぶたです…嫌な予感です。
帰りの車中、左目にしびれがあり、これなんかやばそう...といっている間に、
どんどん腫れ上がり、悲しい状態です。

同じ虫に刺されれても平気な人もいます。
何故か私は、誰もが驚く様な腫れ方をします…。夕方、目が開かなくなり、
これはやばいとなって、しぶしぶ病院へ。
診断結果は『虫さされ』 分かってるわい!いう一言なんですが、
『虫さされによるアレルギー』はい。この診断結果、私には腑に落ちません。
分かってますねん。そんなこと。『抗生物質出しておきますね。』と。
勿論私は病院の先生に完全に直してもらおう。なんて思っていません。が、
なんか〜これ〜どうです?この腫れ?
ヤバくないですか?先生も引く程の腫れですよ??(からんでます)
と思いながら、腑に落ちない感じを味わいつつ。
(じゃあ病院行くの止めなさいよ。という感じですが)
無力感漂わせ、隣の薬局へ行くと、
そこの薬局お姉さんが本気で引いています…その方の言った一言。
『病院行った方がいいですよ』って、今診察してもらって、
ここにいるんですけど!ぷ!ご自分で言った一言があまりにもだったのに
気づかれたようで、『大丈夫です。このお薬で治りますよ』とやけに優しい。
それほどのみんなが焦る状況…昨日までこんな顔ではなかった私。
周りの人達がわらわらとしています…。

家に戻り抗生物質を塗りました。私は普段薬は一切飲んだり塗ったりしないので、
効き目が恐ろしい程です…が、今回…。
塗って1時間…経過。
な〜んかジンジンする…よ。鏡を見たら、が〜ん さらに赤く腫れ上がり、
顔面左はもう、誰か分かりません。青虫みたいです…。気絶しそうです…。
晩ご飯を作りながら、何故かどんどん悲しくなった私、
お揚げさんを炒めていましたが、涙で滲んでみえません。かわいそうです。
ごはんを食べて、薬を飲んで、横になりましたが、今度は薬の副作用の
頭痛でめまいです。
ややこしい人です。ここまできたら、病院とかアレルギーとか
もう私の顔面には通用しません…。
明日はヨガの朝練です。みんなの驚く顔が目に浮かびます…悲しい気持も頂点です。
夜中もんもんをなにやら色々考えたようで、何度も起きては
顔を触り、『まだ腫れてる…』『あ、まだだ』とやっていたら朝になりました…。
気分も優れません…森ちゃんはご参拝に行っている様で留守。
朝5時。
なんとなく庭を見ていたら、リラ子がのそのそ私の横にきて、
足をなめています。そのリラ子を見に、イイヨも巣から出てきて、
カタカタしています。なんか泣けてきます…。
顔痛いです…。
そして水をコップ1杯一気に飲んだとき、ある事に気づきました。
あれ、これって、大丈夫?
この虫さされによって、どんどん辛くなり、どんどんそこに栄養を与え、
意識に何かをどんどん溜め込み、
どんどん悲しい世界を作り上げ、寝不足にまでなり…

あ、いかん!これでは何かが滞っていくし、なんにも意味ないし、
このままいくと二次災害が起きそうだ!
危ない!道間違えた!
気持を入れ替えて、顔を何度も見ていた鏡を片付けて、
ヨガの朝練の準備を片目で一つ一つ確認しながら、
掃除や草木の水やりなどをしていくうちに、
だんだん霧が晴れて行く様な感じがしました。
羽田さんが来られて『わ!!どうされたんですか?!!?!』と開講一発。
『虫に〜』というと、奥様も銀杏アレルギーで同じようにはれたことがあり、
辛そうやったわ〜大丈夫ですよ〜っと話をして頂き、
そうですか、
そうですか〜
大丈夫〜 と、私も笑っているうちにだんだん
昨日までのもやもやが無くなって、みんなと楽しくヨガが出来ました。ほ。

はい。長い日記ですが、結論は、
色々お起こる日常は私の心の状況だったんです…確かに色々実際起こるんですけど、
でも、架空の大変な日常を作るのは自分自身であって、
またそこで、苦しんだりしてしまうのです…。それって意味ないですね。
しっかり本質を見ようとしていない証拠です。
今回この虫さされによっていかに自分が弱いかよくよく分かりました…。

その事を知っただけでも虫に感謝かもしれません。
両目が使える事の大事さもヨガをしていて本当に痛感しました…。
虫さされですから、時期腫れは引きます…。

さ、今からebebeさんのクッキー焼きます。


※写真はなんかなし。腫れ上がった顔写真とか、
怖いですから、止めときます。(笑)
| - | 11:59 | - | - |
かぞく


りらちゃん。
今日も『かわいい』お仕事してはります。
写真を撮るよ。というと、口角がきゅ。ってなって笑いました。
この写真を見ると、ちら見してはります。
寝てたのに….。本当によく働きます。
きゅ。ってなって、ばた。

また爆睡しました…。




こちらはイイヨちゃん。
今日も『かわいい』お仕事してはります。
写真を撮るよ。というと、歌舞伎役者ばりのキメ!を見せてくれました。
わたしが笑うと、恥ずかしくなったようで、
くすくす笑ってくるくる回りました。
なんでこんなに面白いんでしょうか。

我家の家族。
| - | 15:04 | - | - |
おけしょう ですってさ。


はい。これ、私です。スッピン丸だしです。
どこみてんのか分からないきわどい顔してますが、
なんでこんなアップ?!いやはや、姪っ子と
メールのやり取りで撮ったものなんで、自分で撮るとこうなります…汗
さっき、森ちゃんの日記を見たら、面白い事が書かれてたので、
森ちゃんの日記
私も『化粧』について書いてみようと思った訳で、
あ、丁度いいか、この写真と思いました。

で、そんな私、スッピン歴4年でして、
それまでは案外濃い?メイクだったこともあったり、
基本は適当なんですが、お出かけのときなどは、
ベッチョリの事もあったな〜と懐かしく、またあのお化粧品が持つ、
女の世界からかなり自分が遠くにきました。

男性から見た女性のお化粧と、女性である自分自身が見たお化粧。
いやはや、自分が化粧をしなくて、これまた気持がいいものですから、
外で、お化粧べっちょりの方を見ていると、
お肌が苦しそうに見ていて私が酸欠になりそうになるのは確か。
しかし、きれいに仕上がったお化粧されたお姉さん達を見ると、
『すんごいな〜』とうっとりみとれたり、
いやらしい目ですか?森田さん?!←やばいですね、
いやはや、電車の二駅程でお化粧を仕上げるお嬢さん達を
見たときは『もしもし?』と思いましたが、
あまりの手際よさに、この技術を何かに活かしたらどうか?と真剣に
考えた事があります。
電車でのお化粧の方の共通点はみなさん膝ひらきっぱなしです。
ぱかん!と開いています…。なんなんでしょうね〜女性らしさって
一体全体なんなのでしょうか?
まあ〜もう…別の意味でも私もなんだかわか分かってないんですけど…。

と、スッピン歴4年の私事を少し書き留めておきます。
化粧を止めようとなった理由ははっきりは覚えていませんが、
菜食や、太極拳などの影響が大きいと思います。
自分自身辻褄が合わなくなって、ファンデーションとかが
気持悪くなったのです…。『や〜んぺ』と一気に全部処分したものですから、
周りからよく『顔色悪いね』とか言われていました。
確かに。少し?気にした自分のいましたが、顔を洗う度に、
肌の張りが全然違ってくるのが楽しくて、
顔色悪くても、変でもま、いいか、と気持は前向きだった気がします。
そして月日が経ち さっき森ちゃんの日記を読んでいて、
もう、私は化粧自体の存在を忘れつつ、
化粧のない世界が自分の暮している世界になっている事に気づきました。

すっぴんがいいよ〜ってことでもないんですけど、
お化粧で自分自身を見失わなくてもいいんじゃ〜ないのかな〜なんて思います。
また、好みですが(笑)すっぴんの人と話している方が、
心がリラックスします…お化粧べっちょり〜のの方を話していると、
なんだか肩が懲ります。私だけかな??
そして心の中で『すっぴんのほがかわいいんだろうな〜この人〜』とか
思いながら話している自分がいるもんですから、
まったく話に集中できていない事が分かります…。ま。これは
私から見た観点なので、なんともだけど、
気になる程の化粧はどうか…って事。
たまに女子プロか?!みちのく?って突っ込みたくなる人もいたら、
CGなの?!表情も何か見たいになっている人いますね、
ま、この近所にはおばさん達の適当なぼんやり化粧顔しか
いないんですけど…。田舎なもんで。ばっちり化粧が浮く街。京都北区。

と、取り留めない話になりましたが、
化粧がない世界に住んでいる私としては、
お化粧ってどんなだっけ?ともう、
子供の頃にお化粧って不思議〜に近い状態です…。

※私が使っていますお肌お手入れグッツは
枇杷のは化粧水 て、枇杷のはの焼酎漬け…と、
尿素とグリセリンを混ぜた水にアロマのレモンを数滴。
たまにガスール(泥)
のみ、少ない…化粧品は…眉毛のペンシル…1本のみ…それも
もう2年持っていますが、殆ど気がむいたときしか使わないので、
減ってません…今どこに置いてあるのかさえ分かりません…。
蜜蝋のリップクリームも乾燥時期のみ使用…。
洗顔の石鹸は…今はヨーガンレールの
なんか花の石鹸。お風呂ではニールズヤードのオレンジの。
て、それだけです…特にこだわりがあって選んだものではなく、
お店の方に『いいに香りです〜』と言われて選んだ石鹸なので、
なくなったら、そのへんの石鹸でようが足ります。
はあ〜おっさん化してますね…おっさん?
いや、子供ですね、これ、小学生低学年の、
書いて分かりました。
私は、暮らしに必要なものがコンパクトになり、
意識も人からこう見られる、ああ見られるとかなくなり、
(家出ませんから)
身体を充分に動かして、目の前にあることを
ただただやって生きていきたいようです…。
おけしょうについて、書いていたら、
自分が見えました….。

気がついたら長文でした…ほ。
| - | 12:56 | - | - |
梅仕事?いや、梅でうめ〜 (すみません)


今年最後の梅仕事?本当に最後になるのだろうか怪しいけれど、
完熟の梅をみりん漬けにするつもりが、みりんを買いに行く時間がなくなる。
完熟なだけに、時間がない…。
あ、そうだ、この前生徒さんが梅のコンポートを作って持ってきてくれた事を
思い出して…昔のレシピ帳…を引っ張り出してきて….
パラパラノートをめくる…
いちじくのコンポート…
梨のコンポート…
ぶどうのコンポート…

う〜ん 梅のコンポートは作った経験はあったけれど、
レシピに書き留めていない…
さらに
パラパラ…

『余ったワインでコンポート。その汁でなんでもコンポート』と
私らしい怪しいレシピを発見。
どうやら、林檎が大量に届いた時、生まれたレシピらしい。

そのレシピは↓

・酸っぱい林檎3個 櫛切り
・水1リットル
・余った赤ワイン(50cc〜100cc なければ、残った梅酒でもいいかも)
 ※アバウトに書いています。
・玄米米飴 50cc
 ※この時期玄米米飴にハマっていたらしく、
 なんにでも玄米米飴と書かれている。
・三温糖 50g (水の半分 今回はなかったので、40g)
・黒砂糖 大さじ1
『赤黒く仕上げて、シャーベットを目指す。』
とまで書かれていて、その下に線が引いてありこう書かれている。

このコンポートの汁は余るので、ドライフルーツを漬けてみる。
・いちじく
・カレンズ
・アンズ
・レーズン
ナッツも漬けたら香ばしい 
蜂蜜をプラスすると、何か他のものになるので楽しみ!
ミキサーにかけてアイス!全部冷凍で、最高!
(はちみつ 栗で試す)
ワインの量を調整。
黒砂糖 焦がしてもいい。 
と、書かれている。

このレシピは8年ぐらいモノですが、
なにかが、成長していない自分を見る事に…。(汗

ま、そんな過去のレシピから、今回梅をコンポートに。


確かに汁が余ります。
なるほど、そこで、考えたんだ…えらいな、私、
今回は無花果とスイスから送って頂いた洋梨を漬込み。
※余った汁に、昔つけた梅酒の梅を入れて、さらにコトコトもしてみる。
これまた絶品!奥深し!
ならば、この梅酒も入れてみよう!とどんどん
創作料理は進む….。
レシピ帳に書き込み、昔のノートの上にざざっと書いておく。
これがまた数年先生きてくるの?

完成した梅のコンポートはシャーベットに夜いただく。

『ちゅう。』

やりよります。森田さん。

いや〜ん。なんだかとても素敵なお味でした。(笑きもいですね。)
料理って本当に楽しい。
このコンポートがあまり美味しかったので、また梅を買いに行きそう…。
ワンドロップさん余っているかな???
火曜日聞いてみよ〜っと。


| - | 10:10 | - | - |
暮しの中の教室 『持ち寄ったものはごはんだけ?』
皆で朝練で盛り上がるヨガ。部活です。大人の部活。
しかも本気です。今日は教室。先生のアジャストが楽しみでならない。
これも予習してきた子供気分。
『先生!やってきました!見て下さい』てなとこでしょうか、
ヨガを始めて1年。太極拳3年してきてから始めたヨガなだけに、
どこかで、身体動かしてきたし〜と、若干ピノキオな私の鼻がすぐに
ポキ〜ン!と折れて(笑)今はヨガ1年生。夢中です。

どんなことでも初めは外側。カタチに捕われます。
だから意識も一番外側が動きます。
出来る出来ないに捕われます。1年過ぎてようやく、
私はアサナの順番を覚えてきたので、客観性が生まれてきました。
先生に『お腹を伸ばして、やわらかく』と言われてもピンと来なかったのが、
『これでしょうか…・ウ〜〜〜(汗)』と
なんか自分で感じようとし始めています。
そして『こうかな〜ああかな〜』と復習もしたくなり、あげくの果てには
みんなで朝練です…。なんなんでしょうね、森田家は、
何故すぐ、人を巻込むのでしょう…。先日遠方から友人にヨガの話をしていたら、
『森田さん達って案外色んな人が知ってるけど、
よく見たら、間口めちゃ小さくないですか?』と。
はい。そうですね、めちゃ小さいです。だってずうっと家にいるんだもん。
森ちゃんは日本中飛び回っている割には、
そこで会う人は限られた人なので、
これまた広そうで狭い。(笑)
ともだちあんましいいへん。とたまに言います。(笑)

話それました。
そんなヨガ。どんなヨガ。
今日はみんなで持ちよりごはん!今日もすごかったですね〜はい。
これ見て下さい。


お街の素敵そうに見えるお店を吹っ飛ばす勢いです。
しかも、手作りで〜何も言っていませんが菜食です。(圧力かけてますか?笑)
はあ〜ひとり一品。9名いたらこうなります。
どうですか、これ、世の中こうしてみんなで生きていったら、
貧困などなくなりませんか?
みんながひとつ持って、集まったら…なんか泣けてきます…
私は世の中の貧困事情をちゃんと知りません。
でも、感じます。
貧富の差があるってこと、国にあるってこと、街にあるってこと、

そして、
みんな生まれた国は、『わたしの国』
でも生まれた星は『みんな一緒の星』。
みんなごはん食べて、そして、愛の中から『わたしが』生まれているの。





ひとりひとりが想いを持って、そして繋がっていれば、
こんなに恵みが集まるの…。
みんなごはんを食べた後
『一品持ち寄ってこんなに充実した食事ができたね!すごいね!うれしい!』て
みんなそういってた。これって当たり前なんだけど、
ここから学ぼう。ってすごく思ったのでした。

そう。1人でヨガやる時間も自分と向合うからいい時間だけど、
みんなとやると身体が伸びる…軽くなる。

間口広くて、薄味にあるより…。
間口小さくて、
感じる瞬間を側にいるみんなとじっくり味わって、
各自が家に持ち帰ればいい…。



| - | 16:20 | - | - |
料理教室森田 『繋がる 繋げる』


ジャガイモとローズマリーの相性の素晴らしさはきっと
皆さんご存知だと思います。
私がこのジャガイモとローズマリーの相性にメロメロになったのは
随分昔なんですが、知合いの、その人の友人が引っ越しを
するので、手伝う。というなんだか、腑に落ちない初夏のある日。
岡崎の町家で荷物を運んでいたら、その引っ越ししている隣で
何かやとても美味しそうな香りが漂っています…。
引っ越しに全くもってやる気のない私はその香りにばかり気を取られ、
『お腹空いたお腹空いた。となりすごいいい香りがしてる…なあ〜』
とほざいていましたら、
年配のお隣さんからフランス人の女性が私を手招きしています。
『??』勿論疑いなく家に入る私。
台所に通されて、山盛りのジャガイモとローズマリーが目の中に飛び込んできました!
お鍋からはジュージューと…。
『そこに座って』と小さな台所のテーブルに招かれ、
この、『ジャガイモとローズマリー』の料理をいただいたのでした。
へえ〜こんな美味しくてシンプルな料理があるんだ….と
驚いた事は昨日のように覚えています。
※彼女とはそれから何度か逢って料理を教えてもらいました。
ラザニア、白魚のワイン蒸し、マスタードのスープなど。

勿論その引っ越しで出た引っ越し蕎麦も覚えていますが…。

そんな思わぬところで出逢った料理、
しかも材料は至ってシンプル。この15年この時期になったらあの日の
事を思い出しつつ料理ます。



6月最後の教室。
みんなにとても好評なテンペ丼。



そして、今日は少しエスニックなソースもご紹介しました。
料理法がちょっと違うだけで、こんなにも雰囲気が違うんだ…という事。
またイメージってすごく自分の手先を操作している事も分かりますね。



今日はなんか色んな事を一気に話した様な気がしましたが、
最終的に、楽しかったな〜美味しかったな〜と
いうところに納まりました…。



みなさんのお料理に対する姿勢を見ていて、最近よく思うのは、
動機はなんであれ、『お料理って楽しい!』という
シンプルなところが動いているな〜と思うのです。
その『楽しい!』って感じる心が各自の行動になるので、
私の分かる範疇ではないのですが、
『心が動く』『感じる』『開く』状態を経験していくって
実はとっても大事なんだ〜と思います。
今世の中の食問題。色々浮き上がってきています。
また何が身体に良くて、何が悪い。と色んな分野でも線引きされています。
みんな出来る限り『身体に良いものを食べたい』(美味しければ尚良し)と
いうおかしな風潮が蔓延している世の中です。



でも、『身体にいいもの』『悪いもの』と言う前に、
食べる事の『楽しさ』をあまりにじゃけにしていませんか?
『え?楽しいに決まってんじゃん』てなとこなんでしょうけど、
何故楽しいの?
そしてのその楽しいを共有している人はいる?
テーブルの上でバラバラになっていない???
あれ?なんでバラバラになるの???

お料理している時、気持がバラバラしていない?
ひとつのにんじん蒸す時に、ぼんやり他の事考えていませんか?
お買い物の時、お値段ばかりに気が向いていませんか?

何が言いたかったかというと、
『楽しい!美味しい!』これは繋がっています。そして繋がります。
全然難しい事ではないですけど、この繋がっていく『糸』は
意識しないと分かりません。
ヒントはここ。『糸』と『意図』は同じ読み方ですね。お〜う。

楽しい気持。
ワクワクする気持。
みなさんのお家のテーブルに繋がっている事を願っています。

今日も素晴らしい時間をありがとうございました。
Aさんのメープルクッキー美味しかった〜いつもありがとうございます。

感謝します。

| - | 15:50 | - | - |
発覚! 畑のある暮らし


友人と畑を始めても二ヶ月程経つのかな?よく分かっていないのですが、
この日記にも畑の事を書き留めているので、教室の生徒さん達に
『先生畑で何育てているの?』とよく質問されます。

私たちが育てているのは『陸稲』おかぼと読みます。
水田でない米、陸で育つ稲の事、
何故陸稲になったのかは、一緒に畑を行っている
隅岡さんの日記の方が詳しいので、こちらを→(私、頼りないですね…)

で、私たちは籾を発芽させ、苗床を畑につくり、
陸稲の成長を見つつ、朝5時半に畑に行き、
日々成長していく陸稲を見ては、『よし、頑張ろう』と、
すくすく伸びてくる陸稲に励まされ、

はい。

頑張ってきました…。


が、

しかし、


今朝、思わぬ事が発覚しました…。



『おかぼのきもち』
ー畑の日ー
私たち:『伸びてきた〜しっかりしているね』
おかぼ:『….』
ーまた畑の日ー
私たち:『おお〜ずいぶん伸びましたね〜 水に漬かってしまった方は
酸素が足りないのかな〜全然芽が出て来ないね…』
おかぼ:『….』
ーまた畑の日ー
私たち:『随分稲らしくなってきましたね。』
おかぼ『…』

と、一月半の会話はこんな感じ….さて、さて、
おかぼの『…』は無言???
いいえいいえ、

無言ではないのです…。

今朝発覚した事実をここに書きますと…。
『○○のきもち』
ー畑の日ー
私たち:『伸びてきた〜しっかりしているね』
○○:『あのあの』
ーまた畑の日ー
私たち:『おお〜ずいぶん伸びましたね〜 水に漬かってしまった方は
酸素が足りないのかな〜全然芽が出て来ないね…』
○○:『あの〜もしもし…すんません…』
ーまた畑の日ー
私たち:『随分稲らしくなってきましたね。』
○○『え〜っとわたし、おかぼちゃいますねん…』


げ!

お?

はい。そうなんです!私たちが精魂込めて育ててきたのは、
おかぼにそっくりな雑草だったんです!!

まじですか?

そんなことってありますのん?

『先生〜畑で何を育てているんですか〜』

『今度から雑草です』と答えます。


詳しくは隅岡さんの日記を→
ほら、またすぐ、隅岡さんに頼る森田癖になってます…すみません。
でもさ〜上手に説明してあるから仕方がない。
私にはあんなに上手に書けないし〜



何故故こんな事が起こるのか?それはダイナミックな自然の循環リズムと
鈍い人間のリズムが合っていない。ハーモニーしていないからなんです。
面白いです。面白過ぎます。
いやはや、むか〜しむかしの人達は私たちと同じ失敗をしてきたとは
思いますが、
今の農家さんなら、面白いでは済みませんが、プロならこんなアホな
失敗はしませんし、逆に思いつかないでしょうね〜

農業素人6人が、なにやら集まって、ゴソゴソやって、
色々気づいていきます。

私は今朝の『これ陸稲じゃない!』事件があまりに面白くて、
なんだか分け分からないのですが、笑いが止まりませんでした。
ショック?う〜んショックなことは全くないです。
だって、全てが始めての事なので、結果をしらないし、求めていませんから、
面白いで済むんです。
しかもネタが増えたと若干喜んでいる自分もいたりしています。(笑)

もしや、収穫時期まで気づかず、あの雑草を育てていたら(食べられないヒエらしい)
きっと雑草の方が私たちに気遣って
おかぼそっくりなカタチに化けてくれるかも??
いや呆れて『わては、あんたらの言ってる、おかぼとちゃいますねん!!ブチ!』とキレるかもしれませんね〜


ああ〜面白い面白い。

写真:
作業道具は小川で洗うの。気持がいいってもんではない。
浄化しまくりのマイナスイオン吸いまくり…豊かさは目の前にあるの。
畑にアンディも一緒。たのしそうに走り回っているアンディ。
かわいい!
大屋さんの大豆のうね、4本目完成!



| - | 14:44 | - | - |
料理教室森田のパン教室 『色々思うところ』


アナベル 紫陽花の中でもとびきりすてきな花です。
生徒さんのOさんが育てているものを持て来てくれました。
すこし暑さにふにゃっとなりましたね、ま、水あげしたら、
明日には復活するでしょう。
どこかアナベルOさんに似ています。



今日はあかちゃん参加。タイちゃん8ヶ月です。
かわいいですね…本当に、なんでしょうね〜赤ちゃんのかわいさたるや、
たまりせんね、(←表現おかしいですか?)
タイちゃんのお母さんはいつか子供と一緒にパンを焼いたりしたい!と
いう夢があります。すぐその夢叶いそうですね。



今日はパン教室。そば粉のカレンズとくるみのかっちょいいパンを焼きました。
そば粉の香りは、小麦と違って独特です。酸味もあり、
モワン…とする旨味があります。
噛めば噛む程味が出るパンとはこの事ですね。
噛み噛みするってとっても大事なんですよ。今若い人は噛まないので
顎が小さくなっているそうです。(私も小さいのですが、)
小顔で喜んでいる場合でないですよ。
あまり噛まないで「ごくん」と飲み込むと、内臓負担が大きい、
さらに、噛む事で唾液がでるでしょう〜唾液が出るってことは
循環が良い。ということで、身体に色んなものが詰まりにくいです。
ほら、あかちゃんってよだれだらだらですよね。
全くもってサラピン!つまりなんてないですね。
なんでも噛まずに飲み込んでいるうちに、味覚も鈍くなりますし、
身体的にも精神的にも感覚が閉じていきます。
簡単にいうと、『鈍く』なるということです。お、すばりですが、
本当にそうなんです。
口元を見たらその人の食生活がちょっと分かります。(笑い方とかね)
飲み込み派は、口角が下がりがち、(お顔暗い印象ね)
しっかり噛み噛みはきゅ!っと閉まってます。(明るくて清々しい印象)

と、鋭い人はわかりますね。
暗い事ばかり考えていたら、噛み噛みできません。お〜
楽しい事を考えていると、噛み噛みしたくなります。いいね〜

心と身体、行動と身体全部全部繋がっているよ。



教室の話、脱線しまくりました…。すみません。
ま、でも、みんなちょっと考えれば分かる事ですが、
な〜んとなく人任せな暮らしをしていると、そんな事も
過剰に反応してしまう状態になりますね。
と、いう話を今日の教室、みんなと話していたんです。

さてさて、料理教室森田のパン教室
國廣先生ご懐妊の為夏はお休み。
体調を見つつ9月10月は行う予定です。

國廣先生一旦お休み。お身体大事にして下さいね。
お疲れさまです!!!!

| - | 15:27 | - | - |
料理の仕事


実は只今わたくし、料理の本を作っております。
このような身に余るお仕事をさせていただいて光栄です…。
本当に…。
ありがとうございます。

なので、今年の春から、ずっと本の料理を作っては、写真を撮り、そして、食べ、
作っては、記録し、また、食べ、生徒さんに意見を聞きつつ進めています。
そして、23日24日とこの二日間は東京からスタッフの方が来られ、
教室風景の写真や、色々な事を撮影していただきました。

みまさまご苦労様でした。
なんとお礼を言っていいのやら、心から感謝致します。

この数ヶ月の間にも私に色々変化あり、
料理に対しても意識も随分変わったように思います…。
まだまだ散漫なところが多く、辻褄合わせのような個所も見受けられ、
改善の余地、また見直してよくなるもの、省くもの、
様々です。

24日は森ちゃんが九州出張で遅いので、晩ご飯の支度もほどほどに、
一人で自分自身の料理歴の事を
ぼんやり考えていました。
どこから、料理が私の中から浮き上がってきたんだろうか?
確かに料理が好き、 はい、 好き。
だけどなんで好き?
う…ん 教室に参加していただいている生徒さん達は
私がお伝えしている料理がかなり他と違うと感じている事でしょう…。
見た目?味付け?行程?特に変わった事はないけれど…。

料理をしているときの自分の心の納まりどころが心地よく、
コロコロ転がる心がすとーんと下げぶりが落ちていくように、
沈む感覚がある。
視覚でもそれが確認出来る、目が悪いのに、料理の時は
何故か細部までよく見える…。
集中しているのに、身体に緊張が走らない….。

昔、先生に、『目の前にあるものがあなたのたべもの』と
言われた時、あまりピンと来なかった、
しかし、今は合点がいく。
今私の目の前にはワンドロップさんのズッキーニと赤タマネギが転がっている…。

『野菜の都合と自分の都合の折り合いをつけようとせず、
野菜の都合で料理をしなさい』これまた、言われたときは
ほへ?と思ったけれど、
今は『それしかないではないか…他に道があるのか?』と思う。

『カロリーを説明しなさい』と言われた時全く答える事が出来なかった…でも
『エネルギ−を説明しなさい』と言われた時、心動くものが一杯あって、
一杯言葉が出て泣いた事がある…(若い私)
その時雨が降っていて、庭の紫陽花の首が項垂れていて、
先生が紫陽花を指差し、
『君が泣くから紫陽花も泣いたじゃないか…』と言って、
笑ってくれた事が、今の私に繋がっている….

ああああ….
ここか…私のルーツ…。

上門前の家の庭には紫陽花。

合掌


| - | 10:46 | - | - |
どこへいったの?
雨で畑作業が難しかったので、今日はすこしのんびり、
みんなとして、さ、帰って仕事。と、車を出したら、
静原市が開催されている事に気づく。

開催っといっても、かなりゆる〜い空気です。いいですね〜
ゆるゆるです。
ゆるはいいですよ〜 ←しつこい。

で、ワンドロップさんとアリスさんと私たちは
ぶらぶら漬け物を買ったり、ちまきを買ったりしていると、

『お。君ら、朝はよからごそごそしてる子やな〜』と地元のおじいちゃん。
ごそごそもぞもぞ子供がしているように見えるんでしょうね…。
動物対策の話や、無農薬の野菜作りの話や、
もろもろ沢山話して頂き、かなり楽しい時間。
いやはや、ここのおじいちゃんやおばあちゃんの声の張りには
驚きます。
元気一杯です…。下手したら私たちより元気かもしれません。

そこへ、『うちで作った蕎麦でざるそば食べるか?』とおじさん。
わ、思わぬ展開。勿論『いただきま〜す』

で、この写真です。






はい、

どう見ても旅行です…。
プチ旅行です。この後、温泉に行きそうな顔してます。ゆるみまくりです。
(わたるくんが特にゆる。きてます。)


と、そのお蕎麦のお味は、
ああ〜素晴らしく…う〜ん言葉で何と言ったらいいのでしょうか、

『私この蕎麦食べて生きていきたい』という感じです。

最近思うのは、意識には段階があります。
意識の構造の話です。それは明らかにあると自分自身の経験でいえる事です。
※例えば昔は難しくて分からなかった本も、
時が過ぎたら、分かるようになっている。とか、
更に時間が経ち、色々経験すると、更に、深まったりします。
で、このお蕎麦をいただいたとき、

数年前の私ではこの蕎麦の美味さは分からんかったな…と思いました。
(グルメな話でないので間違えぬように)

うむうむ 話がそれましたが、
美味しいお蕎麦をいただいて、ありがたい。ありがたい。と
たくあんを抱えて家に帰ったのでした。

ちゃんちゃん。
| - | 19:54 | - | - |
<< | 2/141PAGES | >>